なるべく普段と変わらない環境にする

「旅先では寝つきが悪い」といった方は決して少なくはありません。では、それは何故なのかについて考えたことはありますか? その答えは様々ですが、もっともよく耳にするのは、「寝具が違うから」といった意見です。 しかしこれは事前に分かっていることなので、少し荷物は多くなってしまいますが対策をすることが不可能ではありません。 まずは、「パジャマ」です。眠る際に一番肌に近い布なので、当然いつもと違っていては違和感を最も強く感じます。 そして、「まくら」も重要なポイントですよね。ホテルの枕は沈み込みの激しいものが多いので、普段固めのまくらを使用している方にとっては違和感を感じざるを得ないアイテムのひとつになっています。 少々荷物が増えることが苦にならないのであれば、このふたつを持参するだけで旅先での寝つきの悪さは大幅に解消されるでしょう。

快眠グッズを利用する

いつも利用している寝具を持ち込む以外にも、「耳栓」や「アイマスク」などの快眠グッズを利用する手段もあります。 旅先で寝付けない理由の中には、「自分の部屋じゃないから落ち着かない」というような意見もあるように、どれだけ寝具を持ち込んで寝る環境を普段に近づけても、部屋の中の景色や聞こえてくる音までは解消されません。 そういったときに役立つのが快眠アイテムですね。「アイマスク」を利用すれば、視界は真っ暗になるので、景色が気になることはありませんし、「耳栓」を用いることで余計な音は入ってこなくなります。 これらの快眠アイテムに慣れていない場合は逆に違和感を感じてしまうこともあるので、旅に出る数日前から自宅での就寝時に利用しておくとすんなり受け入れることができやすくなります。